ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  旅行記  »  ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー~リクヴィル、夜のコルマール編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー~リクヴィル、夜のコルマール編~

ストラスブール観光を終え、次なる目的地リクヴィルへと向かいます。

JC5A4703.jpg
一旦鉄道でコルマールまで戻り、そこからはバスでの移動となります。
コルマールからは106番のバスでリクヴィルへと向かうのですが、バス停が見当たりません…
というのも、バス停は駅を出て右(写真でいうと左側)に進んだところにあるのですが、
その手前に市バスの乗り場があり、そこで106の文字が見当たらず、ここではないと判断してしまったのです…
結局、106番のバスの乗り場は市バス乗り場の更に奥にあり、10分ほど彷徨ってしまいました。
バス停の場所を教えてくれたおじさん、本当にありがとうございました…!!

JC5A4705.jpg
バスに揺られることおよそ40分。無事にリクヴィルに着きました!!
リクヴィルは「アルザスの真珠」と称され、フランスで最も美しい村に認定されています。

JC5A4712.jpg
なんて可愛らしい街並み…!!
相変わらず建物がカラフルなのと、全体的に小さめなので特に可愛らしく見えるのでしょうか。

JC5A4715.jpg
アルザスの真珠をひと目見ようと、沢山の観光客で賑わいます。

JC5A4722.jpg
一応リクヴィルはごちうさの聖地では無いそうですが、それでも訪れる価値は絶対にあります!!

JC5A4726.jpg
15分ほどで村の入り口から出口まで来てしまいました。
この外壁の中にあの可愛らしい街並みが広がっていると思うと、なんだかとてもメルヘンチックですね。
帰りのバスの時間まではまだまだ時間があるので、もう少し散策します。

JC5A4736.jpg
リクヴィルには沢山の飲食店が並びます。時間があればここで食事を取るのも良いですね。

あるお菓子屋さんを眺めていると、「お兄さん、試食する??」(英語で)と店員の方がお菓子を差し出してくれました。
見慣れないお菓子でしたが、ひとくち食べた瞬間あまりの美味しさに感動し即購入。

JC5A4734.jpg
こちらがそのお菓子。クッキーのような、でも中身はホロホロとしていて…説明が下手ですみません…
向こうのお菓子にしては珍しく甘さ控えめで、どの味もとても美味しかったです!

JC5A4740.jpg
本当に絵本の中の世界という感じですね。右側の時計が付いている建物はホテルか何かなのでしょうか??

JC5A4742.jpg
是非クリスマスに訪れてみたいものですね。職業柄到底無理そうですが…

JC5A4754.jpg
この街並みを眺めながらオープンカフェで食事をする方々が羨ましい…
残念ながら食事をする時間がなかったので断念…

JC5A4756.jpg
本当にどこを切り取っても絵になる村です。後ろにはぶどう畑が見えますね。

JC5A4762.jpg
リクヴィルの可愛らしい街並みを満喫でき大満足でした!!(食事出来なかったのは心残りですが…)

JC5A4763.jpg
村の入り口での一枚。
バスに乗って再びコルマールへ戻ります。

JC5A4766.jpg
到着した時には日もだいぶ傾いていました。(ここから日没までが長いのですが)
再びコルマールを散策します。前回までの記事と似たような写真が出てきますが、ご了承ください…

JC5A4776.jpg
ストラスブールに比べるとよりメルヘンチックで、リクヴィルに比べると落ち着いた雰囲気に感じます。

JC5A4787.jpg
こちらはコルマールのメディア文化センター?なのですが、
ココアと千夜の通う高校に似ているということでコルマールの聖地の一つとなっています。
やはり外観は作中の高校と比べて完全に一致はしませんが、確かに似てはいますね。

JC5A4788.jpg
似ているかは別としても、とても美しくて立派な外観です!

ここで夕飯を食べることに。
一応どの店にしようかあれこれ考えたのですが、先日訪れたRabbit House似のお店が
あまりにも美味しかったので、結局2日連続で訪れることに(笑)

JC5A4794.jpg
今回はロゼを注文。Rabbit Houseで味わうロゼ…最高に美味しかったです!!

肝心の料理を撮り忘れたのですが、前日と同じ鶏肉の串に牛肉を追加したものをいただきました。
お肉の旨味にロゼが大変良く合い、最高のディナーとなりました!!

JC5A4799.jpg
食後のデザートはプリンをいただきました。贅沢に2つも入っています。
甘さ控えめのプリンとほんのり苦いカラメルが口の中で絶妙に絡み合い、本当に美味しかったです!!
出てくる料理やお酒、コーヒーのクオリティがどれも高すぎます!Rabbit House恐るべし…!!

大満足のディナーを堪能した後は、すっかり日が沈みかけたコルマールを巡ります。

JC5A4814.jpg
先ほど写真を載せた場所の夜の姿です。右側の建物の照明がとても綺麗ですね。
それだけでなく、街灯や店を照らす明かり、水面に写る景色と、限りなく美しい景色です。

JC5A4810.jpg
右側の建物の照明は色が変わります。この時は紫と緑の照明だけでした。

JC5A4816.jpg
この時点で時刻は既に22時を回っていたのですが、まだかすかに明るいです。
夕暮れ時という一日の中でも特に美しい時間帯が長いなんて、少し羨ましいです。

JC5A4818.jpg
町中の照明もオシャレで、歩いていて飽きません。夜更かし待ったなし…!!

JC5A4824.jpg
路地裏での一枚。コルマールは治安が良いので、暗い場所でも特に怖い思いはしませんでした。

JC5A4830.jpg
ゆっくりと夜が更けていきます。

JC5A4834.jpg
再びココアと千夜の通う高校に戻ってきました。
ライトアップされていて幻想的です。

JC5A4838.jpg
夕方と同じ構図で。
いい加減眠くなってきたので宿へと戻ります。

JC5A4844.jpg
ホテルの前での一枚。金曜日の夜だからでしょうか、この時間でも外食を楽しむ方々が目立ちます。
長時間露光のせいで若干心霊写真っぽくなってますね…特に真ん中…(笑)

JC5A4850.jpg
ホテルの部屋の目の前に、今回2泊させていただいたホテル・サンマルタンの看板が掲げられていました。
描かれているのはサン・マルタン教会と…コルマールの英雄なのでしょうか??

というわけで、コルマール、ストラスブール、リクヴィルと非常に内容の濃い2日目となりました。
全体的に時間が足りない感じはありましたが、それでもアルザスを十分満喫することができたと思います。
ごちうさの聖地巡礼ということで訪れたアルザス地方ですが、
ごちうさの世界を上回るような美しさに終始心がぴょんぴょんしっぱなしでした!!
この2日間でアルザスに魅了され、すっかり虜になってしまいました。
次に訪れる際はもっと時間をかけてじっくりと巡りたいです。

名残惜しさはありますが3日目はアルザスを離れ、きんモザの聖地コッツウォルズへ向かいます。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

みささぎ

Author:みささぎ
旅の思い出や、撮影記録、日々の雑記を綴るブログです。
基本的にTwitterの方で写真等をアップするため、ブログの更新頻度は低めです。
よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
アニメブログ村
鉄道ブログ村
時計
魔法少女まどか☆マギカ
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。