ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  旅行記  »  ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー~出発編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー~出発編~

今回は出発編ということで、日本出発からフランクフルト到着までの思い出を綴ります。

今回の旅の出発地は羽田空港。以前は国際線=成田空港のイメージがありましたが、
現在は羽田空港からも世界各国に向けて続々と飛行機が飛んでいきます。
自分自身羽田空港から国際線に乗るのは初めてだったので、
初の国際線ターミナルに思わず舞い上がってしまいました。

羽田空港発が深夜の0:50ということで、夜の国際線ターミナルを散策します。

JC5A4314.jpg
建物内がおしゃれ過ぎてびっくりしました。
世界に恥じない空港に向けた気合が感じられます。

JC5A4318.jpg
外資系の航空会社も含めた各社の飛行機模型が飾られていました。
このような光景は国際線ターミナルならではと言えます。

JC5A4320.jpg
ANAのB787-9です。B787もすっかりANAの顔ですね。
ちなみに今回の機材は往復ともにB777-300ERでした。

JC5A4323.jpg
これも空港の中での一枚です。思わず「まじか…国際線ターミナルすげぇ…」と口にしてしまいました(笑)
旅への期待が一層高まりますね!!素晴らしい!!外国の方が見たら喜びそうです。

国際線ターミナルを堪能した後、ドキドキのイミグレーションを通過。
イミグレーションってもっと難しいものだと思っていたのですが、国内線の保安検査に慣れていれば
そこまででもなかったです。違いといえばパスポートのチェックくらいでしょうか。

その後は友人から譲り受けたファーストクラスラウンジの利用券を使って、
豪華なラウンジでのーんびりと出発の時を待ちました。
※もちろんですが自分も友人もエコノミーの利用です(笑)

そんなこんなで出発の時が近づいてきました。
JC5A4327.jpg
フランクフルトの文字を見て胸の高まりが最高潮に!!

その後、自分たちを乗せたNH203便は1:18に離陸し、日本を旅立ちました。
約12時間のエコノミーでのフライトでしたが、機内ではドラマ等を見たり
機窓を撮影したりと、意外と退屈しませんでした。
離陸が深夜ということもあってすぐに眠れるかと思いましたが、
興奮のあまり離陸後3時間くらいは眠気すら感じず。
JC5A4358_20150729232903c1d.jpg
こちらは中国上空で撮影した機窓です。
雲の中の光っている部分は雷が発生している箇所です。
雷雲を同じ高さから見たことがなかったので、少し感動しました。
下には中国の町が見えます。かなり栄えている町のようですが、どこだったのでしょうか?
この写真を撮った辺りで睡魔がやってきたので、一時睡眠。

そして起きると、既にモスクワ上空を通過していました。
JC5A4377.jpg
とんでもない距離を移動しているんだな―と改めて実感。フランクフルトまではもう少しです。

JC5A4389.jpg
朝を迎えると機内食が出てきましたー!!
本当は和食が良かったのですが、残念ながら品切れのため洋食をチョイス。
メインはオムレツとニョッキのクリームソース和え。意外と美味しくて、むしろ洋食で良かったかも。

機内食を食べ終えしばらくすると、機体は徐々に高度を落とします。
JC5A4390.jpg
ドイツの町が見えてきました!!
右側通行で走る車を見て軽く感動しました(笑)

そして現地時刻の5:55、フランクフルト空港に無事着陸!!
JC5A4399.jpg
ここまでお世話になったJA784A。お疲れ様でした!!
奥にはルフトハンザの機体が見えます。さすがフランクフルトですね。

今回はここまでにします。
次回はいよいよごちうさの聖地、コルマールに入ります!!
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

みささぎ

Author:みささぎ
旅の思い出や、撮影記録、日々の雑記を綴るブログです。
基本的にTwitterの方で写真等をアップするため、ブログの更新頻度は低めです。
よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
アニメブログ村
鉄道ブログ村
時計
魔法少女まどか☆マギカ
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。