ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  旅行記  »  ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー~ロンドン聖地巡礼+α編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー~ロンドン聖地巡礼+α編~

1時間立ちっぱなしという苦行の末、無事にパディントン駅に到着。
ヨーロッパ旅行ラストは、ロンドン市内のきんモザ、並びに劇場版けいおんの聖地を巡ります。

JC5A5194.jpg
というわけで戻ってまいりましたパディントン駅!きんモザ1期1話でも登場しました。
残念ながら工事中のため作中と同じ画で撮ることは叶わず…

パディントン駅には荷物預かり所があるので、そこでスーツケースを預けることに。
すると、スタッフの方に「Japanese??」と聞かれたので「Yes!!」と答えると、
「Oh!!コンニチハ!!」と片言の日本語で挨拶をしてくださいました!!
これがリアル「コンニチハ!」なのか…!!と思わず感激してしまいました!
やはり母国の言葉で挨拶をしていただくと嬉しいものですね。

スーツケースを預け身軽になった後は、地下鉄やバスを使ってロンドン市街を巡ります。
その際に、地下鉄の券売機でオイスターカードというものを購入しました。
このオイスターカード、日本のもので例えるとSuicaのようなものなのですが、
大きく異なる点は、一日に減額される額に上限があり、それ以上は減額されないところ。
つまり、ほぼ一日乗車券のような感覚で使うことができるのです!!しかも地下鉄だけではなく、バス等も乗れます。
また、オイスターカード使用時の運賃に比べ現金の運賃はかなり割高になっていますので、
ロンドン市内の鉄道、バス等の公共交通機関を利用するのであれば、必ず購入しましょう!
また、更に割安な外国人向けのオイスターカードも発売されていますので、是非調べてみてください。
(事前に申請が必要らしいので、直前の申請だと利用日に間に合わない可能性が高いです。)

デポジット5£とチャージ代10£をカードにてお支払い。なんとヨーロッパにしては珍しくJCBが使えました!
先述の上限額については仕組みが若干複雑なのでここでの説明は省かせていただきますが、
自分の場合は10£をチャージすれば一日通して全く問題ありませんでした。

オイスターカードを手にし、最初に向かったのはこちら。

JC5A5199.jpg
けいおんで登場したEarl's Court Station。作中でもかなり忠実に描写されています。

そしてここから少し歩いたところにあるのがこちら

JC5A5202.jpg
軽音部の5人が宿泊したHotel ibis London Earls Court!!
ロンドンに宿泊する機会があれば利用したいですね。

JC5A5204.jpg
ibisホテルから駅ひとつ分歩くと、ここWest Brompton Stationに着きます。
ここも駅の前を5人が歩いて行く姿が描写されています。作中と構図はだいぶ違いますが…

JC5A5212.jpg
こちらは作中でRecycling Onlyのゴミ箱が置いてあった場所。実際には撤去されていました。
唯とあずにゃんがいちゃいちゃしている様子が頭の中に再生されます。

JC5A5216.jpg
更に歩いてすぐのところに、ズラッと並べられたポットが印象的なレストランが。
こちらも作中で出てきました。そしてよく見ると、なんとけいおんの絵が飾られているではありませんか!!
ファンのかたが寄贈したものと思われます。まさかロンドン市街でけいおんグッズを目にするとは…!

JC5A5215.jpg
こちらの時計も作中で登場しました。

JC5A5219.jpg
町中にはロンドンの代名詞でもある2階建てのバスが沢山走っています!
今回の旅行でも何度もお世話になりました。なお、地元の方は2階席には座らない模様。

そんな2階建てのバスで移動し、次に向かったのはこちら
JC5A5228.jpg
world's endというお店。作中でも出てきた、高速で逆回転をする時計が特徴。
その近くの駅から地下鉄で移動して、ロンドン観光のメインとなる場所へ移動。

JC5A5232.jpg
向かった駅はWest Minster。ウェストミンスター…どこかで聞いたことがある方も多いのでは。

JC5A5233.jpg
そう、ウェストミンスター宮殿の最寄り駅なのです!!どちらかと言うと併設されたビッグベンの方が有名ですね!
ロンドンを代表する観光スポットということで、多くの観光客でごった返していました。
写真では何度も見たことがありましたが、実際生で見てみると、その美しさ、大きさに圧倒されました!

JC5A5237.jpg
きんモザ2期のEDと同じような構図で撮影。逆光なのであまり雰囲気は出ていませんが…
そしてこのカットといえばシノ、綾、カレンですが、残念ながら姿は見当たらず…(笑)

JC5A5248.jpg
けいおんの作中だとこのような構図で描写されています。

JC5A5238.jpg
テムズ川には沢山の船や水上バスが。それにしてもテムズ川って結構汚いんですね

JC5A5251.jpg
こちらもけいおんの作中と同じ構図での一枚。きんモザ2期のEDでも出てきたロンドン・アイがすぐそこに!
そして、ロンドン・アイのすぐ近くのお店で、イギリス名物を食べることに。

JC5A5255.jpg
フィッシュアンドチップス!!魚を丸々一匹使ったであろう大きな白身魚のフライに、
これでもかという量のポテトが添えられています。カロリー半端じゃ無さそう…
肝心の味ですが、想像していたよりも全然美味しかったです!魚も生臭くなく、マヨネーズとよく合います!
油っこすぎて途中でギブアップしそうと思いましたが、意外といけちゃうものですね。
そしてコーラが進む進む…カロリーなんて気にしたら負けなのです!!

フィッシュアンドチップスですっかりお腹が満たされた後は、休む間もなく再びロンドン市街を巡ります。

JC5A5258.jpg
いい天気です。それにしても、ヨーロッパの空は雲が印象的な気がしますね。日本とはどこか違う感じを受けます。

JC5A5260.jpg
ロンドン・アイ、乗りたかったな…
次回は絶対乗ってやると心に誓いつつ地下鉄で次の目的地へ。

JC5A5261.jpg
なんとロンドンにもキオスクがありました!
その後、地下鉄でMansion Houseという駅まで移動。向かったのはこちら

JC5A5267.jpg
ミレニアムブリッジ!!きんモザ2期のEDで5人が夕焼けを見つめながら手を繋いでいる場所です!
夕焼けの時間帯に来ることは叶いませんでしたが、個人的にはEDのカットの中でも特に好きなカットなので、
ここだけはどうして来たかったのです!ここも人が多くて、人の波が切れるのをひたすら待っていました。

JC5A5263.jpg
後ろを振り向くと、The Shardというヨーロッパで最も高いビルと、タワー・ブリッジが見えました。いい眺めです。

ここで意外と時間が無いことに気づき、急いで最後の目的地へと向かいます。
再び地下鉄の駅に戻り、Tower Hillという駅へ向かいます。最後に訪れたのは…

JC5A5276.jpg
ロンドン塔です!!けいおんの作中と同じ構図で撮影。
ここロンドン塔は、時代によって城塞だったり監獄だったり処刑場だったり動物園だったりと、
なんとも統一性のない使われ方をされているのが特徴。ていうか動物園って…(笑)
そして少し場所を場所を移すと…

JC5A5286-1.jpg
こちらはきんモザ2期のEDで陽子がアリスを抱っこしていた場所です!!
あまりピンと来ない方も多いとは思いますが、右下のライオンの像がポイントです。
アリスが陽子に抱えられぐるぐるされているシーンが頭の中で鮮明に再生されました(笑)

JC5A5291_20150913164455f35.jpg
なんとも美しい光景。すぐ後ろにはタワー・ブリッジが見えます。

JC5A5304.jpg
近くで見るといかにも城塞という感じですね。日本ではまず見られないような建物です。

JC5A5299.jpg
テムズ川とタワー・ブリッジ。ロンドン市街は観光スポットが沢山あってとにかく飽きません!!

JC5A5305.jpg
そしてこちらがロンドン市街で最後に撮影した一枚。ここで時間が迫ってきたため撤収。
地下鉄を乗り継いでパディントン駅ヘ向かい、預けた荷物を引き取ります。
そこからはヒースロー・エクスプレスに乗り、いよいよヒースロー空港へ。
ここまでヒースロー・エクスプレス等の写真を一枚も撮らず…猛省
ちなみにヒースロー・エクスプレスは、車内も大変綺麗でとても快適でした!

そしてヒースロー空港に到着。今回はANAを使用したため、ブリティッシュ・エアウェイズとは
ターミナルが違うことからきんモザ1期1話で描写された場所を訪れることは出来ませんでした。
名残を惜しみながら帰りの飛行機のチェックインを済ませ、イミグレーションを受けます。
その際、金属探知機に引っかかってしまい、靴を脱ぐように指示されてしまいました…
靴を脱ごうとしていると、係員同士で「日本人か…別にいいんじゃないか?」みたいな話をしていて、
日本人って信頼されてるなーと改めて感じました。いや、結局靴脱いだんですけどね(笑)

その後はお土産売り場でお土産を購入。何故か気づくとチョコばかり買っていました(笑)
店員さんにおすすめされるがままに購入してしまったのですが、どれもとても美味しかったです!!
特にゴディバのチョコは自分も含めて大変好評でした。しかも結構安いんですよね。素晴らしい!

JC5A5309.jpg
お土産を買った後は搭乗口近くのベンチで待機。木の温もりを感じられるオシャレなスペース。

JC5A5308-1.jpg
帰りも、行きと同じくB777-300ER。羽田までお世話になります!さて、レジ番は…784??どこかで見たような…
なんと、行きの羽田→フランクフルトで乗った機材と全く同じ機材!!なんという偶然!!
あの後羽田に戻り、その後ロンドンまで飛んできたんですね。ご苦労様です。

JC5A5313.jpg
名残惜しさを堪えつつ、NH212便で日本へと戻ります。

JC5A5314.jpg
いよいよプッシュバック。左を見るとエチオピア航空の787が。

JC5A5317.jpg
さらば、ヨーロッパ…!!

JC5A5331.jpg
離陸して少しすると、眼下に雲のじゅうたんが広がりました。

JC5A5335.jpg
更に時間が経つと雲が無くなり、海面に太陽が反射する様子を見ることができました。
美しい景色が、どこか切なくもあります…
機窓を眺めつつ名残を惜しんでいると、早速機内食の時間に。

JC5A5351.jpg
こちらは友人が頼んだ和食。白米を久々に見て謎の感動(笑)

JC5A5353.jpg
こちらは自分が頼んだ洋食。絶対和食にしようと考えていたのですが、急にカレーが食べたくなりこちらにしました。
結構美味しかったです!!でも和食の方が美味しそうだったような…

JC5A5356.jpg
食べ終わる頃にはすっかり陽が傾いていました。
食べ終わって一息ついていると、CAの方がワインを勧めてきました。
空でアルコールを摂取すると一瞬で回るのはわかっていたのですが、調子に乗っていただくことに。
飲み終わると案の定アルコールが回ってしまい、気づくと眠りについていました…起きた頃には…

JC5A5363_20150915202209420.jpg
なんと6時間も経っていました!!(笑)外はすっかり明るくなり、一人焦る自分。着陸まで残り3時間…
急いでまだ見ていないGOOD LUCK!!の7話以降を見ます!!

しかし、楽しい時間はあっという間。9話を見終わる頃にはとうとう着陸態勢へと入りました。
そして、定刻より少し早く羽田空港へと到着。GOOD LUCK!!最終話見れなかったじゃないか…
無事日本に帰ってきた安堵感と、帰ってきてしまったという残念な気持ちで胸がいっぱいになります…

JC5A5373.jpg
今回行き帰りともにお世話になった784。お疲れ様でした!!

というわけで、今回のごちうさ、きんモザ聖地巡礼旅行は無事に幕を閉じました。
実質初の海外旅行ということで不安も多くありましたが、一生の思い出になるような、最高の旅となりました!!
詳しい感想等は、次回の更新で書いていきたいと思います。

それでは、ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました!!
スポンサーサイト
Comment
楽しかったです!
これをみて海外に行きたくなりました!
まだ子供なので、大人になって働いていこうと思います
Re: 楽しかったです!
ご覧くださり、ありがとうございます。
是非大人になったら海外に行ってみてください!
日本では見られないような光景にきっと感動しますよ。
特に今回訪れたアルザス地方とコッツウォルズは、アニメ抜きでもオススメの地です!!
何かの機会で海外を訪れた際は、是非お話を聞かせてくださいね。
参考になります
旅行記一通り読みました。自分もきんモザとごちうさの聖地巡礼はしてみたいなと思ってましたが、同時に行くとは考えもしなかったので大変参考になります。
この記事を読んでますますコッツウォルズ地方とアルザス地方に行きたくなりました。
色々とお話をお伺いしたいものです(笑)
参考になります。
旅行記一通り読みました。自分もきんモザとごちうさの聖地巡礼はしてみたいなと思ってましたが、同時に行くとは考えもしなかったので大変参考になります。
この記事を読んでますますコッツウォルズ地方とアルザス地方に行きたくなりました。
色々とお話をお伺いしたいものです(笑)
Re: 参考になります。
ご覧くださりありがとうございました。
今回の記事で少しでも魅力が伝わったようでしたら幸いです。
自分も当初はアルザス地方にのみ行く予定だったのですが、
せっかくヨーロッパに行くんだし…と試しにコッツウォルズにも行く形で
行程を組んでみたところ、意外と難しいことではないと判明し今回のような流れになりました。
内容的にはかなり詰め込む形になってしまいましたが、それでも両方の地に足を運んだのは正解でした。
質問等々あれば是非なんでも聞いてください!!
Re:参考になります。
自分も来年の2月頃にアルザス行こうと思ってます。
因みに生々しい質問なんですが、みささぎさんの行程ではいくらくらい費用かかりました?
まだ大学生ゆえそこが一番気になる所で…
Re: Re:参考になります。
今回の旅行は、現地でのタクシー代や食事代等全て込みで大体30万円くらいでした。
一つアドバイスをさせていただくと、費用の半分以上を締めるのは飛行機代なので、
この飛行機代を上手に節約できれば全体の費用もグッと下がってきます。
今回はANA利用、羽田→フランクフルト、ロンドン→羽田で合わせて15万円程でした。
これは同じ行程の運賃の中では安い方なので、安い時期を外していたら
5万円くらいは値段が違っていたかもしれません。
Re: Re: Re:参考になります。
親切に答えてくださってありがとうございます。またまた質問で申し訳ないのですが、海外の鉄道関連が全くの無知なのですが何か調べられるアプリやサイトがあるのでしょうか?
Re: Re: Re: Re:参考になります。
今回フランス国内の鉄道に関してはレイルヨーロッパというサイトで時刻を調べ、そのまま予約をしました。
なんといっても日本語対応のサイトなので、非常に使いやすかったです。
イギリス国内の鉄道に関しては、鉄道会社(First Great Western)の公式サイトを利用しました。(日本語非対応です)
自分は使っていないのですが、どうやら現地の鉄道の時刻等を検索できるスマホアプリもあるそうなので、
この辺りを上手く組み合わせると簡単に鉄道の時刻検索や予約を行えると思います。
記事を拝見させていただきました。
素晴らしい旅記をありがとうございます!
私もごちうさとこの旅記を観て将来絶対フランス行く!と心に決めました!

そこで、お聞きしたいことがあるのですが、フランス旅行をするにあたって、フランス語はどの程度勉強すれば行って帰ってこれるのでしょうか?
海外経験がなく外国の方との交流もかなり少ないのですが、もう少ししたらフランス語を勉強しようと考えています。絶対覚えた方がいい事や、知っておくと便利な事などありましたら、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いしますm(_ _)m
Re: タイトルなし
コメント、並びにTwitterでのご質問ありがとうございました!!
Twitterの方でも回答させていただきましたが、他の方にも見ていただきたいので
改めてこちらでも回答させていただきます。

さて、フランス語で覚えておくべき言葉は2つ。
「メルシー」=ありがとう、「ボンジュール」=こんにちは、この2つだけです。
この2つ以外はフランス語を使っていませんし、あとは全て英語で会話をしました。
上記の2つに加えて数字の1~10くらいは覚えておいたほうがいいかもしれません。
フランスに行くからといって1からフランス語を勉強するよりは、
英語を強化したほうが役に立つと思います!!
フランス人はプライドが高いから英語を話さない、などという話も耳にしますが、
今回英語を話せないフランス人の方は見かけませんでした。
中には英語を全く話せない方もいらっしゃるそうなので、その際はボディランゲージですね(笑)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

みささぎ

Author:みささぎ
旅の思い出や、撮影記録、日々の雑記を綴るブログです。
基本的にTwitterの方で写真等をアップするため、ブログの更新頻度は低めです。
よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
アニメブログ村
鉄道ブログ村
時計
魔法少女まどか☆マギカ
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。