ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  旅行記  »  ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー~カッスルクーム編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー~カッスルクーム編~

いよいよ迎えたヨーロッパ旅行最終日。

この日も早起きをして、前日迷った挙句たどり着くことが出来なかったカッスルクームへ向かいます。
前日にキャロンさんからいただいた地図を手にし、張り切って出発!!

JC5A5144@.jpg
フォス・ファームハウスを出て正面から一枚。行ってきます!

地図によると、どうやら前日に私有地と判断して折り返した地点を更に奥に進むとのことなので、
若干不安になりつつ進むと、なんとゴルフ場の中に出ました。

JC5A5146-1.jpg
いやはや、まさか生まれて初めて訪れるゴルフ場がコッツウォルズのゴルフ場になるとは…

JC5A5148.jpg
それにしてもいい天気です!ちなみにゴルフ場に入るのは決して不法侵入などではなく、
正式にウォーキングルートとして認められているので全く問題ありません。
道中ゴルフ場の職員の方ともお会いしましたが、笑顔で手を振ってくださいました。

ゴルフ場を抜けると、今度は山道のような場所を歩くことになるのですが、ここでまたしても道に迷ってしまいます。
山道から分岐している道を行くと地図に書いてあるのですが、この分岐点が全く見つからないのです。
やはり20分ほど右往左往してしまい、今日も辿りつけないのか…と悩んでいると、こんなものを見つけました。

JC5A5169.jpg
こちらの扉なのですが、怪しいと思いつつ流石に入ったらまずいだろ…と判断し、スルーしていたのです。
しかし、左上の矢印のシールをよく見てみると、PUBLIC FOOTPATHと書いてあるではありませんか!!
直訳すると、「公衆の歩道」。なんでもっと早く気づかなかったんだ!と思わずにはいられませんでした。
意気揚々と扉を開け、先へと進みます。すると5分ほどで街が見えてきました!

JC5A5151.jpg
この道で間違いない!と不安が確信に変わりました。

JC5A5153.jpg
そしてついにカッスルクームに到着!!たどり着いた時の達成感はひとしおでした!
鳥のさえずりが響き渡る、朝の静かなカッスルクームを散歩します。

※一応一言付け加えておくと、カッスルクームはきんモザの作中には出てきません。

JC5A5156.jpg
はちみつ色の家々が並びます。聞いた話だと、数百年近く街並みが大きく変わっていないそうです。

JC5A5157.jpg
こんなに閑静で美しい場所で暮らすなんて、なんとも羨ましい限りです。

JC5A5158.jpg
村に流れる川が、美しい街並みに更に彩りを加えています。

JC5A5162.jpg
朝日に照らされるはちみつ色の壁が美しく、見ていてため息が出てきます。
朝早いこともあって、人影は全くと言っていいほどありません。

JC5A5165.jpg
こちらはセントアンドリュース教会。
カッスルクームの街並みと非常にマッチした教会で、嫌味がなく、素直に美しいと思える外観。

JC5A5166.jpg
村の入り口に戻ってきました。
コッツウォルズは本当に小さな村で、一通り歩いてみても15分ほどしかかかりません。
来る途中で迷ったこともあり、時間がなかったのでこれにて撤収。

JC5A5167_201509102300434f3.jpg
次回来るときはもう少し時間をかけてゆっくりと巡りたいものです。

その後はフォス・ファームハウスへ戻り、昨日と同じくイングリッシュブレックファストをいただきました。
そして朝食後、前日にキャロンさんにお願いしていたクリームティーをいただくことに!!
ちなみにクリームティーというのは、スコーンと紅茶(もしくはコーヒー)のセットのことです。
スタッフの方に「外でいただいても良いですか?」とお願いすると「もちろん!」と快諾してくださいました!!

JC5A5178@.jpg
というわけで、念願のフォス・ファームハウスの庭でクリームティーをいただきました!!
なぜ庭で食べることにこだわったかというと、作中でも庭でクリームティーを食べる様子が何度も描写されていたからです。
1期1話、2期12話、1期と2期のED…旅行前はそのシーンを見て、自分もここでクリームティーを…!と強く願っていました。

JC5A5180@.jpg
美味しい紅茶と、焼きたてのスコーンをいただきます!!自分は紅茶派、友人はコーヒー派です。

JC5A5182@.jpg
スコーンは2つに割って、最初にフォス・ファームハウス特製のジャム、その上にクロテッドクリームを乗せていただきます。
お世辞一切抜きで、今まで食べてきたスコーンの中でもずば抜けて美味しかったです!!
一口噛むとバターと小麦の味がふわっと広がり、続いてジャムの甘酸っぱさとクロテッドクリームの
まろやかさが口の中で合わさり、見事なコンビネーションを奏でます!!美味しすぎる!!
朝の爽やかな風を感じながら、美味しいスコーンを味わいつつ、本場の紅茶をいただく。
なんっっっって贅沢なひとときなんでしょうか!!幸せすぎてお互いほぼ無言でした(笑)

ちなみにこのジャム、おみやげ用で瓶に詰められたものが販売されています。
なんとラベルにきんモザのアニメのカットが使用された、フォス・ファームハウス限定のきんモザグッズにもなっています!
自分は小さいものを2つと大きいものを1つ購入しました。

贅沢なひとときを味わった後は、いよいよ帰国に向けた準備を始めます。
名残を惜しみつつ準備をしていると、キャロンさんが部屋にやって来ました。
すると、「今からウィンブルドンに行くの。だからこれでお別れね。」とのこと。
実はこの日はウィンブルドンテニスの開催日で、キャロンさんも観戦に訪れるらしく、
出発前にわざわざ挨拶に来てくださったのです。
「本当にありがとうございました!!食べ物、どれもとっても美味しかったです!」と
英語の下手な自分なりに一生懸命お礼を告げました。

キャロンさんがウィンブルドンへ出発した20分ほど後に、いよいよ迎えのタクシーが。
3日間お世話になったスタッフの方にもお礼を告げ、フォス・ファームハウスを後にしました。
1期1話のシノがアリスの家を出発するシーンを思い出し、思わずウルウル…

そしてチッペナム駅に到着。名残惜しいけど、いざロンドンへ!と予約していたチケットを発券。
しかし、ここでトラブルが。記載された出発時刻が、現在時刻の20分ほど前の時刻だったのです。
そう、実は出発時刻を勘違いしていたのです…なんという初歩的ミス…
行きと同様チケットを買い直し、次の電車でパディントンへと向かいます。
この電車が非常に混雑していて、パディントンまでの約1時間立ちっぱなしでした…

再び不穏な空気が流れ始めましたが、この後は気を取り直してロンドン市街を巡ります。
ヨーロッパ旅行もいよいよラストスパート。これ以上のミスは勘弁と思わずにはいられませんでした…

<ロンドン観光編へ続きます>
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

みささぎ

Author:みささぎ
旅の思い出や、撮影記録、日々の雑記を綴るブログです。
基本的にTwitterの方で写真等をアップするため、ブログの更新頻度は低めです。
よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
アニメブログ村
鉄道ブログ村
時計
魔法少女まどか☆マギカ
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。