ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  旅行記  »  ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー聖地巡礼ツアー~サイレンセスター編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちうさ、きんモザ聖地巡礼ツアー聖地巡礼ツアー~サイレンセスター編~

※こちらの記事は、きんいろモザイク1期1話と一緒にご覧になると、より一層お楽しみいただけます。

超フカフカベッドでぐっすりと眠りにつき、迎えたヨーロッパ旅行4日目。
きんモザ1期1話で描かれた舞台を訪れるべく、サイレンセスターとバイブリーを巡ります。

この日は早起きをして、イギリスで最も美しい村と称されたカッスルクームを訪れることに。
フォス・ファームハウスからカッスルクームまでは歩いて30分ほどなので、
散歩がてらふらっと訪れるには絶好のロケーション。

予めキャロンさんには早朝に出かけることを伝えてあり、
他の宿泊者の方に迷惑がかからないようそーっと出かけます。

JC5A4944@.jpg
シノとアリスが記念撮影をしたシーンが印象的なドア。行ってきます!

JC5A4946@.jpg
作中でも登場した、きんモザのお父さんこと天衝監督が寄贈したという風鈴。

JC5A4963@.jpg
こちらも作中で何度か登場した馬の遊具。年季が感じられます。

事前にカッスルクームに関しては調べてあったので、ある程度の位置はわかっていたのですが、
いざ向かってみると私有地のような場所が多く、通って良いのか非常に微妙な場所ばかり…
結局右往左往した挙句、朝食の時間に間に合わないということでタイムアップ。
しかしながら、道中コッツウォルズらしい美しい光景を目にすることができました。

JC5A4956.jpg
のどかな自然の中にはちみつ色の建物が非常にマッチしています。

JC5A4957.jpg
のんびりとした時間が流れる朝7時。
その後はフォス・ファームハウスに戻り、朝食をいただきます。

戻ってから、キャロンさんに「カッスルクームはどうだった??」と聞かれたので
「実は道がわからなくて辿りつけませんでした…」と話すと
「行き方の地図があるのよ!」と日本語で書かれた地図を渡してくださいました。
どうやら、以前までいらっしゃった日本人のスタッフの方が作ったものらしく、
非常に詳細に書かれていて、これさえあれば…と思わずにはいられませんでした。
すると、丁度同じタイミングで朝食を取っていたイギリス人の方々がその話を聞いて大笑い。
なんだか朝から場の盛り上げ役になった気分で、悪い気は全然しませんでした(笑)

翌日のリベンジを誓い、気を取り直して朝食です!

JC5A4965@.jpg
イングリッシュブレックファスト!!
ベーコン、ベイクドビーンズ、ソーセージ、マッシュルーム、トマトの組み合わせはイギリスの朝食の定番だそうです。
そして本来ここに目玉焼きが加わるのですが、実は自分は玉子が食べられず、
その旨を事前にメールで伝えてあったので目玉焼き抜きとなっています。
奥の皿にはちゃんと目玉焼きが乗っていますね。

肝心の味ですが、自分が想像していたものよりも遥かに美味しく、紅茶との相性も○。
また、トーストやシリアルを自由に食べることができるので、足りない分はそこで補えます。

イングリッシュブレックファストを堪能した後は、聖地巡礼に向けチッペナム駅へと向かいます。
前日に、キャロンさんにタクシーの手配をお願いしていたので、
朝食を食べ終えた30分後にはタクシーに乗り込むことが出来ました。

タクシーでチッペナム駅まで送っていただいた後は、シノが電車で降り立ったケンブル駅へ向かいます。
通常でしたら、電車でスウィンドン駅まで行き、そこで乗り換えてケンブル駅まで向かうのですが、
この日は日曜日ということで、スウィンドンからチッペナム方面の電車が運休となっていたため、
バスにてスウィンドン駅まで行き、そこから電車でケンブル駅まで向かいます。
ヨーロッパでは、一部の路線で日曜日や祝日終日運休という日本では考えられないような
運行形態を採用しているため、行程を組み立てる際は十分気をつけてください。

また、この代行バスは鉄道会社が運行しているものなので、
チケットは全て駅の窓口及び券売機での購入となります。
電車は終日運休でも駅は営業していますし、窓口も開いています。

バスに揺られること約30分でスウィンドン駅に到着。
JC5A4969.jpg
11:38分発のCheltenham Spa行きに乗ります。

車両は前日にパディントン~チッペナムで乗車したものと同じだったのですが、
一つ回収漏れしていたカットがあったのでそれを回収することに

JC5A4977.jpg
それがこちらのボックス席です!シノがケンブル駅へ向かう際に座っていましたね。
ボックス席は人気があり大抵誰かしら座っていることが多いらしく、今回は撮影できでラッキーでした。

そしてスウィンドン駅を出発して20分ほどで…

JC5A4981-1.jpg
ケンブル駅に到着しました!シノが下車したシーンと同じような構図で撮影。
いやしかし、「ハロー」しか英語を話せない中学生がこんなところまでよく一人で来たものです…(笑)

JC5A4987.jpg
こちらはシノが出てきた出口です。丁度撮影者である自分が立っている辺りで、
「SHINOBU」と書かれた紙を持ったアリスダッドがシノを待っていました。
ケンブル駅には出口が2箇所あるのですが、どちらかと言うとこちらは裏側での出口で、
タクシー乗り場やバス停は反対側の出口にあります。(バスは日曜日運休です)

15分ほど写真撮影をした後、サイレンセスターへ向かうべくタクシー乗り場へ行くと、一台だけタクシーが停車中。
乗車しようと声をかけると、どうやらこれから回送らしく、乗車を断られてしまいました。
以前にネットで、ケンブル駅前にはタクシーが常駐しているという情報を目にしたので、
他のタクシーがすぐに来るだろうと考えとりあえずその場で待機していたのですが、一向に来る気配がありません…
30分ほど経ち、このままではいつ来るかわからないということで、意を決して公衆電話から
タクシー会社に電話をかけたのですが、日曜日ということでつながらず、タクシーの手配は断念。

しばらくすると次の電車が到着したので、これならタクシーも来るだろうと思いきや、
来るのは家族を迎えに来る車のみで、タクシーは一台も現れません…

喉も乾いてきたので、シノが出てきた側の出口の付近にあるバーに入りドリンクを頼み、
あわよくばタクシーを呼んでもらおうと考えたのですが、店員の方にタクシーを使いたい旨を話すと、
タクシー会社の電話番号が書かれた紙を渡され、自分でかけてくれとのこと。
もちろん無理にお願いするつもりは毛頭なかったので、潔く諦めることに。

途方にくれつつ、表側の出口のタクシー乗り場に戻ると、なんと一台のタクシーが丁度お客さんを乗せて到着!
お客さんが降りた後、早速サイレンセスターへ行きたい旨を運転手の方に申し出ると、すぐに乗せてくれました。
待ち続けること早一時間、ただでさえ時間が限られている中で大幅なタイムロスとなってしまいました…
ケンブル駅からタクシーを使う際は、すぐにタクシーが捕まるとは思わないほうが良いです。
もしタクシーを見かけた際は、真っ先に乗車することを強くおすすめします。
(日曜日なのでタクシーの数が少なかっただけかもしれませんが…)

もう一つアドバイスをさせていただくと、「サイレンセスターに行きたいです」だけだと大雑把すぎるので、
サイレンセスターの教会(Church)に行きたいと言えば運転手の方もわかりやすいかと思います。

そしてシノとアリスが遊びに来た街、サイレンセスターに到着!

JC5A4993.jpg
ここサイレンセスターは、「コッツウォルズの首都」とも呼ばれ、大変栄えています。

JC5A4992.jpg
作中ではこのような構図で描写がされています。
作中だと旗の装飾がされているのですが、実際は装飾はありませんでした。

JC5A4994.jpg
こちらは上のカットの直後、シノとアリス仲良く歩いているシーンで描写されています。

JC5A5004.jpg
こちらは2人がクロスワードの本を買った書店です。時間の都合上中には入りませんでした。

JC5A4998-1.jpg
こちらはクロスワードの本を買ったシーンの直後のカットで描写されています。
実はSUBWAYが目印だったりします(笑)構図は若干違いますが、作中のカットとよく見比べてみてください。

サイレンセスターの聖地は以上です。
想像以上に作中での描写が実際の風景と一致していて、歩いていて常にハイテンションでした!
他にもcafe mosaic というお店があるらしいのですが、とにかく時間がなかったので断念…
ゆっくりしている間もなく、次なる目的地バイブリーに向けて再びタクシーで移動します。

<バイブリー編に続きます>
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

みささぎ

Author:みささぎ
旅の思い出や、撮影記録、日々の雑記を綴るブログです。
基本的にTwitterの方で写真等をアップするため、ブログの更新頻度は低めです。
よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
アニメブログ村
鉄道ブログ村
時計
魔法少女まどか☆マギカ
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。