ホーム   »  2016年10月
Archive | 2016年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちうさ・きんモザ聖地巡礼旅行2016~ロンドンへ!~

全力疾走の末なんとか指定していたTGVに間に合い、息も絶え絶えになりながら一路パリへ。

432C9723up.jpg
今回もTGVの一等車を利用。広々とした座席とカラフルなモケットががなんとも欧州らしいですね。
去年は座った直後に爆睡してしまい車窓を楽しむこともできませんでしたが、
今回は最後まで寝ずにTGVで過ごす時間を堪能します!!

432C9748up.jpg
はい、着きましたパリ東。

残念ながら全力疾走で溜まった疲労からか今年も座って15分ほどで爆睡…
起きたらパリ東到着間際でした…なんたる失態…

432C9737up.jpg
左側の編成にお世話になりました。連結してるとかっこよさが増しますね!
乗り継ぐユーロスターまで時間があるので停車中の列車を見学。

432C9750up.jpg
奥の機関車側面の広告が気になって仕方ないです…(笑)

432C9753up.jpg
去年お世話になったICE。シンプルなデザインがかっこいいです!!

432C9738up.jpg
今回一番気になったのがこちらの客車。エレガントでかっこいい…!!
豪華客車なのでしょうか?軽く調べたのですが日本語のページが出てこず…

432C9746up.jpg
こちらは荷物車か電源車でしょうか?

432C9741up.jpg
このマーク、なんとなくグランシャリオのマークを思い出させます(笑)

432C9758up.jpg
木目調の内装が豪華な雰囲気を出していますね。

432C9762up.jpg
いつの日か乗車する機会が訪れるのでしょうか…?
気が済むまで列車を眺めたのでパリ北駅へ向かいます。

432C9769up.jpg
パリ東駅。パリらしいオシャレな外観です。
その後スーツケースを抱え駅近くの階段を登り…

432C9772up.jpg
パリ北駅に到着!相変わらずとても駅とは思えない豪華な造りです。
こちらのパリ北駅、ごちうさ2期でモカ姉が帰る際に列車に乗り込んだ駅のモデルなのでは?と言われています。
作中の描写とは相違点が幾つもあるので違う可能性も十分あると思いますが、全体的な造りは確かに似ていますよね。

432C9773up.jpg
欧州各国に向けて沢山の高速列車が発着するターミナル駅。開放的な構造がいいですね。
去年はここで詐欺に遭う一歩手前までいく事件があったので、さっさとイミグレを通過します。

432C9779up.jpg
新型のユーロスターがいました!見るからに速そうなデザインです。

432C9777up.jpg
スタイリッシュなロゴマーク。

432C9780up.jpg
今回乗車したのはまたしてもこちらの従来型。ユーロスターと言えばこの顔ですよね。

432C9783up.jpg
新型のロゴマークとは微妙に違いますね。こっちもかっこいい…

432C9790up.jpg
乗り込もうとしたら新旧並びました!!
というわけでいざ乗り込みロンドンへ!!

432C9807up.jpg
こちらも一等車を利用。ダイナミックなシートが素晴らしい!!

432C9799up.jpg
早速車内食とドリンクの配膳が始まりました。まずはロゼを注文。

432C9803up.jpg
そしてこちらが車内食!全体的に美味しかったのですが、デザートのタルトがイマイチでした…(笑)
お酒が入っていい気分になっているとドーバー海峡へ進入していました。

432C9810up.jpg
ドーバー海峡を抜けると間もなくセント・パンクラス駅へ到着!!

432C9813up.jpg
到着後は早速地下鉄に乗り、今夜の宿へ。

432C9815up.jpg
地下鉄にしてはしっかりとした造りの内装ですよね。好感が持てます。

432C9817up.jpg
そして着いたのはWest Brompton。ここから歩いて数分の所にあるのが…

432C9821up.jpg
ibis London Earls Court hotel!!劇場版けいおんでHTTの5人が宿泊していたホテルです!

432C9822up.jpg
部屋はこんな感じ。作中とは全然違った造りの部屋ですが、綺麗でとっても快適でした!!

日中のストラスブール市街全力疾走事件や移動の疲れもあり、
シャワーを浴びた後は自分も友人もあっという間に眠ってしまいました。

ドタバタだった2日目が終了。無事に宿へ着けたので全て良しとします(笑)
3日目はロンドン散策の後、いよいよフォス・ファームハウスへと向かいます!!
スポンサーサイト

ごちうさ・きんモザ聖地巡礼旅行2016~ストラスブール散策~

長かった一日が終わり、ヨーロッパ旅行2日目がスタート。
少し早起きをして朝のコルマールをぶらぶら。

432C9610up.jpg
とっても静かなコルマール駅。日中と違った雰囲気でこちらもまた素敵です。

432C9627up.jpg
日中は常に人通りが絶えないこちらも朝は静けさが漂います。水面に写った街並みがきれいですね。

432C9628up.jpg
朝のほうが光線状態が良い感じですね。

432C9632up.jpg

432C9637up.jpg

432C9644up.jpg

朝の散歩を終えてホテルに戻り、朝食をいただきます。

432C9649up.jpg
まさにヨーロッパのホテルの朝食、といったような内容で特筆することもないのですが、
このハムが美味しくて一人で10枚近く食べてました(笑)。クロワッサンやクグロフも美味しかったです。

朝食を食べ終え一日の準備が整ったところで、チェックアウトを済ませます。

432C9650up.jpg
今回お世話になったコルマールホテルです。良い意味でシンプルなビジネスホテルといった感じで良かったです!
トイレまでビショビショになるユニットバスだけはどうにかしてください…

432C9652up.jpg
コルマールを出発しストラスブールへと向かいます。
今回は1泊2日と短い滞在時間になってしまったのが残念です…

432C9655up.jpg
駅構内はこのような形になっています。中は意外とシンプル。

432C9654up.jpg
シンプルながらもオシャレな内装になっています。

名残惜しいですが、コルマールを後にしストラスブールへ。
まずはストラスブール駅でスーツケースを預け、身軽な状態で市街へ繰り出します。

432C9661up.jpg
ストラスブールにも和食レストランがあります。名古屋よりは妥当なネーミングかな…?(笑)

432C9714up.jpg
そしてストラスブール大聖堂!ストラスブールに来たらここは外せません!
2度目の訪問ではありますが、その規格外の大きさ、彫刻の美しさにまたしても圧倒されてしまいました。
前回は屋上に登るだけで終わってしまったので、今回は中に入ってみることに。

432C9683up.jpg
外観に負けない広さと美しさ、荘厳さを兼ね備えた内装に思わず息を呑みます。

432C9682up.jpg
天井が高く開放感を感じます。全体的に少し明るめに撮影しているので、実際はもう少し暗いです。

432C9688up.jpg
美しいステンドグラスが観光客の目を惹きます。

432C9706up.jpg
ストラスブール大聖堂の見どころの一つである天文時計。高さが18mもあり、世界最大級の大きさらしいです。
時間が合わず、からくりが動くところを見ることはできませんでした。

432C9701up.jpg
隅々まで大聖堂の中を見学し満足したところで大聖堂を後にし、Petite Franceへと向かいます。

ところがここで思わぬ大失態。簡単に言うと道に迷ってしまったのです。
何をどう間違えて大聖堂からPetite Franceへの道のりを間違えたのか未だに謎なのですが、
気付かぬ内に全然違う方向へと歩いてしまっていたのです…
この後のTGVの時間もあるので、Petite France散策は諦めて駅へと向かうことに。

しかし悪い流れは続くもの…
スマホで地図を見ながらストラスブール駅へと向かっていたつもりが、なんと違う駅に向かって歩いていたのです…
自分たちが行こうとしていたのはGare de Strasbourg。しかし、実際に向かっていたのはGare de Strasbourg-Neudorf。
Neudorfが付いている段階でおかしいとは思っていたのですが、焦りからか確認をしていなかったのです…

気付いたときには既にTGVの時間に間に合うか非常にきわどいタイミング…
大急ぎで目的地を修正しダッシュでGare de Strasbourgへと向かいます。
まさか遠いストラスブールの地で全力疾走を強いられることになるとは…下調べの甘さを痛感しました。
全力疾走の結果発車の7分ほど前に駅に着くことができ、すぐにスーツケースを受け取りTGVへと乗り込みました。
一度訪れたからという油断が招いた結果ですね…今回の旅行一番の反省点です。
何はともあれ無事TGVに乗車でき、アルザスを後にしました。
終盤ドタバタとしてしまった今回のアルザス訪問でしたが、それらも含めて良い思い出となりました。

一年ぶりのアルザス訪問。1泊2日と短い期間にはなってしまいましたが、
街の美しさ、人の暖かさ、美味しい食べ物、ゆっくり流れる時間。
様々なアルザスの魅力を存分に味わうことができました!
次に訪れるのが何年後になるかわかりませんが、次回訪れた際に再び
(あぁ…相変わらず素晴らしい街だな…)と思えるよう、この魅力が変わらず続いていくことを祈るばかりです。
ありがとう、アルザス!!

次回はフランスを抜け、海峡を渡りイギリスの地へと踏み入れます。
プロフィール

みささぎ

Author:みささぎ
旅の思い出や、撮影記録、日々の雑記を綴るブログです。
基本的にTwitterの方で写真等をアップするため、ブログの更新頻度は低めです。
よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
アニメブログ村
鉄道ブログ村
時計
魔法少女まどか☆マギカ
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。