ホーム   »  未分類
Category | 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちうさ・きんモザ聖地巡礼旅行2016~I'm home!Fosse Farmhouse!~

師走に入りすっかり寒くなりましたね。
先日久々にTDSに行ってきたのですが、あまりの寒さに凍えるかと思いました…
この旅行に行ったときはまだ初夏だったんですけどね…なんでまだ旅行記を書いているんだ…()

さて、そろそろ本題へ。
バッキンガム宮殿を後にし、ロンドンの街並みを眺めながらウェストミンスター寺院を目指します。
432C9911up.jpg
お馴染みであるロンドンの電話ボックス。
どうやらロンドンを象徴する物の一つという認識は世界中変わらないようで、観光客の撮影スポットになっていました。

432C9920up_201612172008406f9.jpg
のんびり歩いているとウェストミンスター宮殿に着きました!!
相変わらず沢山の観光客で大賑わいでした。

432C9921up.jpg
近くで見ると外装の美しさ、そして細かさに驚かされます。
散歩がてら宮殿をぐるりと周るような形で歩くことに。

432C9926up.jpg
宮殿近くの公園。青空の下で遊ぶ家族連れの姿がなんとも微笑ましいです。

432C9927up.jpg
テムズ川に架かる橋からの一枚。ウェストミンスター宮殿とロンドン・アイを視界の中に同時に収めることができます。
歩き回ってお腹が空いたので、テムズ川沿いにあるお店で昼食をとりました。

432C9931up.jpg
ロンドンに来たのでフィッシュアンドチップス…ではなく、ハンバーガーにしました(笑)
ロンドンの街並みを眺めながらいただくハンバーガー、ポテト、そしてコーラ!幸せなひと時です…!!
どうでも良いですが、刺さっている串がやきとり串にしか見えません(笑)まさかロンドンの地でこのような串を目にするとは…
お腹が満たされたところで、次なる目的地へと向かいます。

432C9949up.jpg
Westminster StationからまずはBaker Street Stationへ。
シャーロック・ホームズゆかりの地ということで、壁にはこのような装飾がされていました。
よくみると、細かな点も全てシャーロック・ホームズの横顔になっています!!
シャーロック・ホームズが好きな方にはたまりませんね!!

そして再び地下鉄に乗り込み、着いたのはMedia Vale Station。ここから歩いて10分程の場所にあるのが…

432C9952up.jpg
ビートルズのジャケット写真で世界的に有名なアビーロード!!
きんモザ2期のEDでも描写されていましたね!!ひだまらーとしては1期のサントラのジャケ絵の舞台としても印象的です!
さすが有名な横断歩道ということで、沢山の観光客がビートルズと同じポーズで写真を撮ろうと行ったり来たりしていました。
しかし、ここはごく一般的な横断歩道。写真の通り車がバンバン通過していきます。
この時は運良く一瞬車が途切れたのでこのような写真を撮ることができましたが、納得の構図とはいかず…
残念ながら次の予定が迫っていたのであえなくこの一枚で断念することに…

この後はタクシーに乗り込みパディントン駅へ行き、そこから電車に乗りチッペナム駅へ。
ここまで来たら行く場所は一箇所だけ。それはもちろん…

432C9962up.jpg
一年ぶりにやってきました、フォス・ファームハウス!!I'm home!
去年と同様、キャロンさんが笑顔で出迎えてくださいました!!
宿泊者名簿に記入を済ませ、喜びで張り裂けそうな胸を落ち着かせつつ宿泊する部屋へと向かいます。

432C9954up.jpg
今回はシノがホームステイの際に使用したThe Pine Loomに宿泊しました!!
いよいよこの部屋に泊まるときがきた…!!喜びを爆発させているとベッドの上にある物体が目に入りました。
これはもしや…

432C9958up.jpg
なんと、西明日香さんのサインが入ったシノ2号が!!
こんな代物がイギリスの田舎に置いてあると考えるとなんだか感慨深くなってしまいました(笑)
さすがにこれを抱きかかえるわけにはいかないので、ベッドからは下ろしておきました(笑)

432C9963up.jpg
こちらはシャワールーム。アニメで描写されていた通りの光景です!!

432C9964up.jpg
受話器型のシャワーヘッド、そしてアヒルのおもちゃも健在です!

一通り部屋の中を撮影を済ませ、一回にあるリビングで書籍や訪問者ノートに
目を通しているとディナーの時間がやってきました!!

432C9993up.jpg
席に座るとキャロンさんが地ビールを勧めてくださり、せっかくなのでいただくことにしました。
どちらもアルコールが弱く料理の味を邪魔しないので、キャロンさんの手料理と相性抜群でした!!
これならビールが苦手な方も飲めるかもしれません。逆にビール好きの方には物足りなさがあるかもしれません。

432C9987up.jpg
さて、ディナー一品目は野菜の盛り合わせと鯵(多分)のソテー!
香ばしい鯵と新鮮な野菜がとても合い、あっという間に平らげてしまいました!

432C9996up.jpg
そして二品目はローストポーク 林檎のソース添えと温野菜!
林檎を使用したソースが絶妙な甘じょっぱさで、豚肉と最高のコンビネーションを奏でていました!!
温野菜に付けても美味しく、瓶に詰めて日本に持ち帰りたいくらいでした(笑)
ビールも飲み干し、心地よくなっているとデザートが運ばれてきました!

432C0005up.jpg
デザートはブルーベリーとラズベリーを添えたアイスクリームでした!!説明不要の美味しさですね!
一年ぶりにいただくキャロンさん手作りのディナーは相変わらずの絶品揃いでした!ごちそうさまでした!!

すっかりお腹いっぱいになり、とりあえず一休みしようと憧れのベッドで横になることに。
フカフカのベッドは最高の寝心地で、一気に眠気に襲われると同時に
(ああ、ここでアリスとシノが寝ていたんだな…)と妙に感慨深くなってしまいました(笑)
横になりつつ連れと話していると、いつの間にか眠っていました。

ヨーロッパ旅行も3日目が終了。
ロンドン観光にフォス・ファームハウス再訪と、とても充実した一日になりました!
ヨーロッパ旅行もいよいよ後半戦。
4日目はきんモザの聖地を片っ端から訪問スべく、コッツウォルズを動き回ります!!

432C0024up.jpg
おまけの一枚です(笑)

今回お世話になったFosse FarmhouseのURLはこちら↓
http://www.fossefarmhouse.com/Fosse_Farmhouse/Fosse_Farmhouse_b%26b,_guesthouse,_hotel,_accommodation,_self_catering,_castle_combe.html
スポンサーサイト

ごちうさ・きんモザ聖地巡礼旅行2016~ロンドン散策~

いきなり話題が逸れますが、いよいよ今週末に劇場版きんいろモザイクPretty Daysが公開されますね!
新作制作発表から7ヶ月ちょっと、長かったようなあっという間だったような…
今回のストーリーは自分が原作の中でも特に好きな文化祭の話ということで、早くその中身が見たくてたまりません!!
そして私事ながら、幸運なことにバルト9で行われる11:30~の舞台挨拶に当選しました!!
11/12が待ち遠しくて一日千秋の思いです…

話を戻して、今回からはヨーロッパ旅行3日目の思い出を綴っていきます。
けいおんの聖地であるibis London Earls Court hotelで宿泊し迎えた朝。
せっかくの聖地での宿泊ではありますが、この日もかなり忙しい行程であったため
朝食を済ませササっとチェックアウトをし、ロンドン市街へと繰り出しました。

432C9824up.jpg
劇場版けいおんの作中と同じような構図で撮影したホテル内での一枚。

432C9828up.jpg
お世話になりました!!

移動前にWest Brompton駅周辺を少しだけブラブラします。

432C9838up.jpg

432C9834up.jpg
けいおんの作中と同じ構図で2枚だけ撮影。去年も撮影した場所ですね(笑)

432C9832up.jpg
West Bromptonから地下鉄に乗り込み移動します。

432C9843up.jpg
まずはきんモザの聖地としておなじみのパディントン駅に来ました!!

432C9845up.jpg
去年訪れた時は工事中のため思ったような写真が取れませんでしたが、
無事に工事も終了しており、改めて満足の行く一枚を撮ることができました!
パディントン駅でスーツケースを預け、ロンドン散策スタートです!

432C9848up.jpg
まず初めに訪れたのはオックスフォードサーカス。きんモザ1期1話のアバンで描写されていました。
それにしてもものすごい数のユニオンジャックですね。多くの人々から愛されているのが伝わります。

432C9855up.jpg
風格のある建物が並びます。休日にショッピングも兼ねてブラブラしたら楽しそうですね!

432C9861up_2016110823192092d.jpg
こちらもきんモザ1話で描写されていた場所。
キックボードに乗った男の子がお母さんに引っ張られていたのが印象的です。

432C9867up.jpg
2階建てバス三重連。3台とも型が違うのがおもしろいです。

432C9863up.jpg
こちらもきんモザファンならみなさんご存知?のゴミ箱(笑)
作中では男性がこの場所でタクシー乗車前に行き先を告げていましたね。

432C9864up.jpg
ユニオンジャックにロンドンタクシー、2階建てバス。ロンドンの要素が凝縮された一枚。
一通り撮りたい写真を取ったので、バスに乗って次の目的地へ。

432C9869up.jpg
せっかく2階建てバスに乗るので2階に乗車。いい眺めです!!

432C9873up.jpg
そしてピカデリーサーカスに到着!1期1話でシノがその街並みに感動していたのが印象的。
コカ・コーラの広告映像が作中と同じようになるようタイミングを計りました!!

432C9875up.jpg
ロンドンの中でも有数の待ち合わせスポットなのでしょうか。沢山の人が腰を下ろしていました。
そして次に向かったのは…

432C9886up.jpg
罰金バッキンガム!!というわけでバッキンガム宮殿です!
ロンドンの中でも特に有名な観光スポットとということでとっても多くの人で賑わっていました。

432C9891up.jpg
きんモザ2期のEDで5人が並んでいた場所。宮殿の門の中にあるので立ち入ることはできません。

432C9893up.jpg
威厳を感じます。内部はどのようになっているのでしょうか…?

432C9903up.jpg
様々な人種、様々な年代の人々が行き交う様子は、日本ではなかなか見ることができない光景ですね。
ここからは歩いてビッグベンを目指します。

432C9904up.jpg
都会的なビル群、歴史的建造物に加え緑も豊かなロンドン。素敵な都市です。

432C9906up.jpg
遠くにロンドン・アイが見えますね。歩いて行くのは意外と時間がかかりそう…?

ということで長くなってしまったので今回は一旦ここまでにします。
次回は更にロンドンを散策し、その後はいよいよフォス・ファームハウスへと向かいます!

ごちうさ・きんモザ聖地巡礼旅行2016~ロンドンへ!~

全力疾走の末なんとか指定していたTGVに間に合い、息も絶え絶えになりながら一路パリへ。

432C9723up.jpg
今回もTGVの一等車を利用。広々とした座席とカラフルなモケットががなんとも欧州らしいですね。
去年は座った直後に爆睡してしまい車窓を楽しむこともできませんでしたが、
今回は最後まで寝ずにTGVで過ごす時間を堪能します!!

432C9748up.jpg
はい、着きましたパリ東。

残念ながら全力疾走で溜まった疲労からか今年も座って15分ほどで爆睡…
起きたらパリ東到着間際でした…なんたる失態…

432C9737up.jpg
左側の編成にお世話になりました。連結してるとかっこよさが増しますね!
乗り継ぐユーロスターまで時間があるので停車中の列車を見学。

432C9750up.jpg
奥の機関車側面の広告が気になって仕方ないです…(笑)

432C9753up.jpg
去年お世話になったICE。シンプルなデザインがかっこいいです!!

432C9738up.jpg
今回一番気になったのがこちらの客車。エレガントでかっこいい…!!
豪華客車なのでしょうか?軽く調べたのですが日本語のページが出てこず…

432C9746up.jpg
こちらは荷物車か電源車でしょうか?

432C9741up.jpg
このマーク、なんとなくグランシャリオのマークを思い出させます(笑)

432C9758up.jpg
木目調の内装が豪華な雰囲気を出していますね。

432C9762up.jpg
いつの日か乗車する機会が訪れるのでしょうか…?
気が済むまで列車を眺めたのでパリ北駅へ向かいます。

432C9769up.jpg
パリ東駅。パリらしいオシャレな外観です。
その後スーツケースを抱え駅近くの階段を登り…

432C9772up.jpg
パリ北駅に到着!相変わらずとても駅とは思えない豪華な造りです。
こちらのパリ北駅、ごちうさ2期でモカ姉が帰る際に列車に乗り込んだ駅のモデルなのでは?と言われています。
作中の描写とは相違点が幾つもあるので違う可能性も十分あると思いますが、全体的な造りは確かに似ていますよね。

432C9773up.jpg
欧州各国に向けて沢山の高速列車が発着するターミナル駅。開放的な構造がいいですね。
去年はここで詐欺に遭う一歩手前までいく事件があったので、さっさとイミグレを通過します。

432C9779up.jpg
新型のユーロスターがいました!見るからに速そうなデザインです。

432C9777up.jpg
スタイリッシュなロゴマーク。

432C9780up.jpg
今回乗車したのはまたしてもこちらの従来型。ユーロスターと言えばこの顔ですよね。

432C9783up.jpg
新型のロゴマークとは微妙に違いますね。こっちもかっこいい…

432C9790up.jpg
乗り込もうとしたら新旧並びました!!
というわけでいざ乗り込みロンドンへ!!

432C9807up.jpg
こちらも一等車を利用。ダイナミックなシートが素晴らしい!!

432C9799up.jpg
早速車内食とドリンクの配膳が始まりました。まずはロゼを注文。

432C9803up.jpg
そしてこちらが車内食!全体的に美味しかったのですが、デザートのタルトがイマイチでした…(笑)
お酒が入っていい気分になっているとドーバー海峡へ進入していました。

432C9810up.jpg
ドーバー海峡を抜けると間もなくセント・パンクラス駅へ到着!!

432C9813up.jpg
到着後は早速地下鉄に乗り、今夜の宿へ。

432C9815up.jpg
地下鉄にしてはしっかりとした造りの内装ですよね。好感が持てます。

432C9817up.jpg
そして着いたのはWest Brompton。ここから歩いて数分の所にあるのが…

432C9821up.jpg
ibis London Earls Court hotel!!劇場版けいおんでHTTの5人が宿泊していたホテルです!

432C9822up.jpg
部屋はこんな感じ。作中とは全然違った造りの部屋ですが、綺麗でとっても快適でした!!

日中のストラスブール市街全力疾走事件や移動の疲れもあり、
シャワーを浴びた後は自分も友人もあっという間に眠ってしまいました。

ドタバタだった2日目が終了。無事に宿へ着けたので全て良しとします(笑)
3日目はロンドン散策の後、いよいよフォス・ファームハウスへと向かいます!!

ごちうさ・きんモザ聖地巡礼旅行2016~ストラスブール散策~

長かった一日が終わり、ヨーロッパ旅行2日目がスタート。
少し早起きをして朝のコルマールをぶらぶら。

432C9610up.jpg
とっても静かなコルマール駅。日中と違った雰囲気でこちらもまた素敵です。

432C9627up.jpg
日中は常に人通りが絶えないこちらも朝は静けさが漂います。水面に写った街並みがきれいですね。

432C9628up.jpg
朝のほうが光線状態が良い感じですね。

432C9632up.jpg

432C9637up.jpg

432C9644up.jpg

朝の散歩を終えてホテルに戻り、朝食をいただきます。

432C9649up.jpg
まさにヨーロッパのホテルの朝食、といったような内容で特筆することもないのですが、
このハムが美味しくて一人で10枚近く食べてました(笑)。クロワッサンやクグロフも美味しかったです。

朝食を食べ終え一日の準備が整ったところで、チェックアウトを済ませます。

432C9650up.jpg
今回お世話になったコルマールホテルです。良い意味でシンプルなビジネスホテルといった感じで良かったです!
トイレまでビショビショになるユニットバスだけはどうにかしてください…

432C9652up.jpg
コルマールを出発しストラスブールへと向かいます。
今回は1泊2日と短い滞在時間になってしまったのが残念です…

432C9655up.jpg
駅構内はこのような形になっています。中は意外とシンプル。

432C9654up.jpg
シンプルながらもオシャレな内装になっています。

名残惜しいですが、コルマールを後にしストラスブールへ。
まずはストラスブール駅でスーツケースを預け、身軽な状態で市街へ繰り出します。

432C9661up.jpg
ストラスブールにも和食レストランがあります。名古屋よりは妥当なネーミングかな…?(笑)

432C9714up.jpg
そしてストラスブール大聖堂!ストラスブールに来たらここは外せません!
2度目の訪問ではありますが、その規格外の大きさ、彫刻の美しさにまたしても圧倒されてしまいました。
前回は屋上に登るだけで終わってしまったので、今回は中に入ってみることに。

432C9683up.jpg
外観に負けない広さと美しさ、荘厳さを兼ね備えた内装に思わず息を呑みます。

432C9682up.jpg
天井が高く開放感を感じます。全体的に少し明るめに撮影しているので、実際はもう少し暗いです。

432C9688up.jpg
美しいステンドグラスが観光客の目を惹きます。

432C9706up.jpg
ストラスブール大聖堂の見どころの一つである天文時計。高さが18mもあり、世界最大級の大きさらしいです。
時間が合わず、からくりが動くところを見ることはできませんでした。

432C9701up.jpg
隅々まで大聖堂の中を見学し満足したところで大聖堂を後にし、Petite Franceへと向かいます。

ところがここで思わぬ大失態。簡単に言うと道に迷ってしまったのです。
何をどう間違えて大聖堂からPetite Franceへの道のりを間違えたのか未だに謎なのですが、
気付かぬ内に全然違う方向へと歩いてしまっていたのです…
この後のTGVの時間もあるので、Petite France散策は諦めて駅へと向かうことに。

しかし悪い流れは続くもの…
スマホで地図を見ながらストラスブール駅へと向かっていたつもりが、なんと違う駅に向かって歩いていたのです…
自分たちが行こうとしていたのはGare de Strasbourg。しかし、実際に向かっていたのはGare de Strasbourg-Neudorf。
Neudorfが付いている段階でおかしいとは思っていたのですが、焦りからか確認をしていなかったのです…

気付いたときには既にTGVの時間に間に合うか非常にきわどいタイミング…
大急ぎで目的地を修正しダッシュでGare de Strasbourgへと向かいます。
まさか遠いストラスブールの地で全力疾走を強いられることになるとは…下調べの甘さを痛感しました。
全力疾走の結果発車の7分ほど前に駅に着くことができ、すぐにスーツケースを受け取りTGVへと乗り込みました。
一度訪れたからという油断が招いた結果ですね…今回の旅行一番の反省点です。
何はともあれ無事TGVに乗車でき、アルザスを後にしました。
終盤ドタバタとしてしまった今回のアルザス訪問でしたが、それらも含めて良い思い出となりました。

一年ぶりのアルザス訪問。1泊2日と短い期間にはなってしまいましたが、
街の美しさ、人の暖かさ、美味しい食べ物、ゆっくり流れる時間。
様々なアルザスの魅力を存分に味わうことができました!
次に訪れるのが何年後になるかわかりませんが、次回訪れた際に再び
(あぁ…相変わらず素晴らしい街だな…)と思えるよう、この魅力が変わらず続いていくことを祈るばかりです。
ありがとう、アルザス!!

次回はフランスを抜け、海峡を渡りイギリスの地へと踏み入れます。

ごちうさ・きんモザ聖地巡礼旅行2016~コルマール散策②~

一年ぶりにコルマールを訪れることができた喜びを噛み締めつつコルマール散策を続けます!

ひとつ前の記事でボートに乗ったご一行の写真を上げましたが、自分たちもそのボートに乗ることに。
乗り場は旧市街の西寄りにあります。約30分ほどの乗船でお値段は6ユーロ。
ガイドの方が英語、ドイツ語、フランス語のいずれかで街の解説をしてくださり、
自分に合った言語のボートに乗ることができます。

432C9503up.jpg
乗り場での一枚。年季の入った橋がいい味出してます。

そして程なくして順番が回ってきて、意気揚々と最前に乗船!!

432C9512up.jpg
先ほどの年季が入った橋の下をくぐり、緑の中へと進みます。

432C9518up.jpg
街の外れにはこんなにも豊かな緑が広がっていたのですね。少しびっくり。

432C9522up.jpg
ある程度まで奥に来ると、今度は旧市街に向けて方向転換。

432C9537up.jpg
観光客の方の注目の的ですね(笑)

432C9547up.jpg
美しいですねー!!見慣れた光景も普段と違う視点から見ると新鮮な感じがします!

432C9551up_201609122125138bc.jpg
ときめきポポロンの橋をボートの上から。マルシェの前で船乗り場へと折り返します。
ちなみに、何度か橋の下をボートでくぐるのですが、大体の橋で頭を下げないともれなく頭を強打します(笑)
中でもときめきポポロンの橋は最も頭上が低く、頭を下げるというよりは体をかがませないといけないレベル。
自分はこの橋を通過する際写真撮影に夢中になっていて、危うく全身強打するところでした…
後ろに座っていたおじいさん、警告してくれてありがとうございました…!!

432C9554up.jpg

432C9560up.jpg

432C9566up.jpg

そして船乗り場に到着。美しい風景に終始目が釘付けで、あっという間の30分間でした!
6ユーロの価値は十分にあるので、訪れた際には是非乗船されることをおすすめします!

船を降りた後は再び旧市街を散策。

432C9576up.jpg
1期5羽のBパート、リゼの「いらっしゃいませー♪」3連続の後に描写されていた場所。

432C9618up.jpg
こちらはサン・マルタン教会。去年と同じく、教会左上にコウノトリが巣を作って暮らしていました。
去年は中に入らなかったのですが、せっかくなので今回は中に入ってみることに。

432C9577up.jpg
落ち着いた雰囲気の中に、どこか荘厳さを感じる内装。
一年ぶりのコルマールに高鳴り続けていた心を落ち着かせてくれます。
一休みしたところで再び市街へと繰り出します。

432C9585up.jpg
こちらも去年から気になっていた、市内を循環している機関車(を模した乗り物)。
値段を記録するのを忘れてしまったのですが、決して高い額では無かったので乗車。

432C9581up.jpg
座席にヘッドホンが備え付けられていて、上の写真の正面に見える14ヶ国語によるガイドが聞けます。
あまり期待していなかった日本語によるガイドでしたが、意外としっかり日本語を話していて拍子抜け(笑)
所要時間は30分ほど。徒歩とは違った視点で旧市街を観察できて楽しかったです。
また、ガイドを通じて建造物の歴史を知ることができますし、訪れる予定のなかった場所を巡ることもできるのでオススメです!

432C9586up.jpg
機関車を降りると乗り場のすぐ近くにこんなお店を発見。ちなみにメニューはSUSHI、TEMPURA等が主。
MISOKATSUやTEBASAKI等はありません。なんで名古屋なんだろう…(笑)

さて、そんなこんなで気づくと夕飯の時間。今回夕飯を食べるお店は事前に決めていました。そこは…

432C9587up.jpg
もちろん、ラビットハウスのモデル(かも知れない)であるau chasseur!

432C9591up.jpg
早速アルザスワインで乾杯!しっかりとした味わいながら飲みやすく、とっても美味しかったです!

432C9593up.jpg
2人でピザを分け合いました。上に乗っているチーズがめちゃくちゃ濃厚で食べ応え十分!
美味しいのですが相変わらずアルザスのピザはかなり重たいので、これ一枚でかなりお腹にたまります。

432C9596up.jpg
ピザと一緒に頼んだラムとチキンの串焼き。去年食べたときにかなり気に入ってしまい、
また食べたいー!とずっと思っていたので、運ばれてきた瞬間から大喜びでした!!

432C9595up.jpg
徐々に茜色に染まる街並みを眺めながら、美味しい料理とアルザスワインに舌鼓を打ちます。
一年ぶりのラビットハウスでの食事ということで、あれから一年が経ったんだなぁ…としみじみ。
こうして再びアルザスの地を訪れることができた喜びを改めて噛み締めます。

432C9598up.jpg
食後のデザートにアイスクグロフとカプチーノをいただきました。
このアイスクグロフ、一般的なクグロフとは全く別物で、生地を焼き上げたものではなく
レーズン入りのアイスクリームをクグロフの形に固めたようなものになります。
ラズベリーのソースとの相性抜群でとっても美味しかったです!

食べ終わった後は疲労も溜まっていたのでホテルへ戻りました。
ホテルではユニットバスの訳のわからぬ造り(当時のツイートを参照してください…)に困惑したり、
一日目の思い出について談笑したりしつつ、気付いたら眠りについていました。

長かったヨーロッパ旅行一日目が無事に終了。
去年のコルマール観光で周りきれなかったところや気になっていた場所を一通り巡ることができて
大満足かつとっても濃厚な一日となりました。

次回はコルマールを去り、ストラスブールを散策します。
プロフィール

みささぎ

Author:みささぎ
旅の思い出や、撮影記録、日々の雑記を綴るブログです。
基本的にTwitterの方で写真等をアップするため、ブログの更新頻度は低めです。
よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
アニメブログ村
鉄道ブログ村
時計
魔法少女まどか☆マギカ
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。